2019年12月09日

ファミリーフィッシング大会2019

三重テレビで11月30日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津のヨットハーバーでの釣り大会でした。

毎年恒例ですが私が参加したのは2015年の一度きり。
ファミリーの大会にひとり参加はやはり気が引けますしねぇ・・・
でもこういうきっかけでもないとなかなか釣りに行く踏ん切りが・・・

いつものレポーターと多くの家族連れが参加していました。
開始前の映像で砂浜でツバスが釣れていました。
どうやらこの近辺に青物が回遊してきているのだそうです。
そして開始したら釣れまくっててですね・・・
キスやらハゼやらガシラやらグレやらマゴチやら、
どれもやたらに型のいいものばかりでして、
昨年もそうでしたがヨットハーバーにあんなのがいるなんて、
ちょっとにわかには信じがたい光景でした。

そして今回最も目を疑ったのは青物が釣れまくっていたことでした。
ツバスだけではなくてサワラのまたいい型のが次々に上がっていまして、
あんなのが回遊してくるなんてことが津の海でありえたことが今でも信じられません。
かなり大きなクーラーを持って行かないと入らないような大きさでした。
ああいう時に行きたいものですね・・・

おそらく大会は10月の中下旬くらいでしょうから、
もう今は寒くて青物はいなくなってるかもしれませんがどうなんでしょうか?
もう2年半くらい釣りに行っていませんが、
来年こそは少しは行けそうな感じになりそうなんです。
春にまた来てくれないかなぁ・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 07:14| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

海岸町でキス

三重テレビで10月19日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の海岸町でのキス釣りでした。

いつものレポーターふたりとフィールドスタッフと、
前回と同じどこかのおばちゃんとでやっていました。
キス狙いということでいわゆる投げ釣りでした。
餌は当然石ゴカイでした。
この番組は投げ釣りでもたいてい防波堤からやっていますが、
今回は珍しく砂浜でやっていました。

海岸町と聞いてどこらへんだっけ?と思ったのですが、
セントレアへ向かう船着場のあるなぎさまちの近くなんですね。
岩田川を挟んで向こう側には前回放送の時に行っていたヨットハーバーもあります。
私は投げ釣りならヨットハーバーの横の阿漕浦の砂浜でやることが多いです。
今回の場所は贄崎浦の砂浜と言うことになります。
釣り場としては聞いていますがあちら側で釣りをしたことは一度もありません。

1投目からおばちゃんがいきなりダブルでキスを釣り上げていました。
型はもうひとつですが魚影は濃そうですね。
キスに針を飲み込まれてしまったときの対処法をフィールドスタッフがレクチャーしていました。
エラに指を突っ込んで開いてやると抜けやすくなるそうです。
そういうのって結構あるのでとても勉強になりました。
その後も釣れるわ釣れるわ・・・
キスとセイゴのダブルとかもありました。
キスよりもやたらにセイゴが釣れていました。
フィールドスタッフがミノー系のルアーでマゴチ狙いをしていたら舌平目が釣れていました。
リポーターはカイズも釣っていました。

いやはや・・・またもや津の海の魚種の豊富さを見せ付けられてしまいました。
あんなところにあんなにもいろんなのがいるんですねぇ。
ルアーでヒラメも狙えるそうです。
釣りに行きたい気持ちは募るばかりですが、
実際に行ける日はいつになるのやら・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 06:59| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

ヨットハーバーの夜セイゴ

三重テレビで10月12日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津のヨットハーバーでの夜釣りでした。

いつものレポーター2人に加えて今回は人数が多かったです。
遊の店員親子にメーカースタッフ3人に何者かわからないおばちゃん2人もいました。
セイゴ狙いということで電気浮き釣りでした。
餌は何も言っていませんでしたが見たところゴカイでした。
セイゴなら青イソメでしょうね。

まだ夕暮れの釣り始めにいきなりおばちゃんにヒット!
結構良い型のセイゴが釣れていました。
これは幸先がいいなと思ったのですが、
そのあとは小さいのばかりが続いていました。
やっぱりこの番組らしい感じだなと思っていたら、
そこから釣れるわ釣れるわ・・・
セイゴ以外にもソイやらメッキやらグレやらコショウダイやらサンバソウやら、
あんなところにこんなにも豊富な魚種がいるんですね。

気温が下がってきてやっと釣れるようになってきたそうです。
まぁ確かに今が一番いいタイミングでしょうね。
夜釣りは電気浮きが沈んでいくシーンがファンタスティックなんですよ。
昔はよく行ったなぁ・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 07:38| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

河芸でサーフゲーム

三重テレビで7月20日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の河芸海岸でのルアー釣りでした。

いつものレポーターとメーカーのフィールドスタッフ3人と遊のスタッフ2人とやっていました。
マゴチやヒラメやシーバスをと言っていましたが、
あんなところにいるのでしょうか?

いきなり1投目で大きなエイが釣れていました。
気をつけないと危ないですね。
大きなワタリガニも釣れていました。
はさまれたら危ないですね。
ルアーはジグを使っていました。
基本はひたすらだだ引きのようです。
目当てのはあまり釣れていませんでしたが、
そこそこ良い型のカレイが釣れていました。
カレイもヒラメと同様にルアーで釣れるんですね。
最後にツバスも釣れていました。
小さくてもブリの幼魚。
そんなのがあんなところにも回遊してきているんですね。

生き餌はあまるともったいないし臭いし面倒くさいので、
ルアーでコンスタントに釣れるのなら助かります。
何しろ私はバスをやっていた頃のルアーがアホほどあるので、
それを海で再利用できるのなら大助かりなんです。
とにかくまぁ釣りに行く時間を作らねば・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 04:28| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

松名瀬港でハゼ釣り

三重テレビで7月13日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
松阪の松名瀬海岸でのハゼ釣りでした。

いつものレポーターと遊のスタッフ2人とでやっていました。
ハゼなのでゴカイを餌でのちょい投げかと思いきやルアーでした。
ハゼクラという言葉が出ていたので検索してみると、
ハゼをクランクベイトで狙うんだそうです。
アジングとかみたいにジグヘッドにワームかと思ったのですが、
あんな大きいプラグ系のルアーで釣れるのでしょうか?

最初は全然釣れていなかったのに途中で急に釣れるようになりました。
何だか怪しいなと思っていたら案の定フックに餌をつけたとのこと。
それじゃあ投げ釣りと大差無いやん・・・
ただまぁ釣れてるハゼの小さいこと小さいこと。
小指サイズがほとんどでした。
後半は少しは手のひらサイズが釣れている程度でした。

ハゼクラは縄張りにおける威嚇行動によってフックに引っ掛ける釣りのようですね。
なのでハゼに近いくらいの大きさのルアーでも釣れるわけです。
2・30cmクラスのハゼが釣れれば面白いかもしれませんが、
今回のような大きさでは・・・
でもまぁこのごろは中々大きなハゼは釣れませんしね。
やってみたいような、そうでもないような・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 05:41| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする