2016年10月22日

ルアーチニング

三重テレビで10月8日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
伊勢の宮川河口でのチヌ釣りです。

いつの間にやらルアーでチヌを狙うことをチニングって言うようになったんですね。
アジングとかメバリングみたいなものでしょうか?
ソルトウォーターでのルアーなら何でもingを付ける取り決めでもあるんでしょうか?

おなじみのリポーターとテスターとその仲間がやっていました。
夕まづめからやっていましたが釣れ始めたのは完全に日が落ちてからでした。
これじゃあ普通に夜釣りですね。
テレビの撮影なので照明をたいているのでいいですが、
こんな時間に街灯も無い真っ暗な川べりで釣りとか危険な感じもします。

かなり良い型が次々に釣れていました。
ワームとかのソフト系のルアーを使っていました。
ボトムを探るようなので根がかりが気になります。
色をローテーションするのがいいそうですが、
あんなにも容易に釣れるものなんですね。
ただまぁ河口のチヌはあまり食べる気になれませんが・・・
でもあれだけ大きいのが釣れまくったら楽しいでしょうね。

しばらく晴れの日が続きそうなので釣りにはちょうどいい季節なのですが、
ここまで連日雨続きで畑の作業が遅れまくっているので釣りに時間を使えません。
何とか年内にもう1・2度は行ってみたいんですがどうなることやら・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック