2016年05月03日

相川でシーバス

三重テレビで4月16日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津市高茶屋の相川でのシーバス釣りです。

いつものレポーターがフィールドテスターを2人連れてやっていました。
スズキとかセイゴとか言わずにシーバスと言うからにはルア釣りーでした。
春のバチ抜けのタイミングに合わせてのことだそうです。
いわゆるゴカイやイソメが繁殖のために土の中から水中に出てきてうようよ漂っている状態のことですね。
それを狙ってシーバスの食いが活性化するわけです。
そうなるとルアーにでも何でも食いついてくるということなのですが・・・

ミノー系のルアーを使って夕まづめにやっていました。
明るい間は全然釣れていませんでした。
暗くなってから1匹だけ割りといいサイズのセイゴが釣れていました。
でもシーバスはそれだけであとはでかいエイが釣れただけでした。
レポーターはともかくテスターも釣れないとかこの番組はそのまんま放送するんですな。
ガチでやってるのが伝わってきて好感が持てますよ。

私の生家は相川の近くにありまして幼児期によく遊んだ場所でもあります。
実は落っこちて溺れ死にかけたことも・・・
当時は生活廃水が流されているドブ川のような感じだったのですが、
今はもうそこそこマシな川になったのでしょうか?
釣れても食べる気にはなりませんがキャッチアンドリリースなら問題ありませんね。
でもどうせ釣りに行くなら食べれる魚を釣って持ち帰りたいものです。

GWには釣りに行くつもりでいたのですが、
畑の作業が遅れているのでそちらを優先せざるを得ません。
夏の猛暑になる前に1回くらいは行きたいのですがどうなることやら・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする