2020年05月13日

鋼管でチヌ

三重テレビで5月2日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の伊倉津いわゆる鋼管でのチヌ釣りです。

いつものレポーターとフィールドテスターでやっていました。
今年は藻がほとんど無いんだそうです。
本来はその藻の中にチヌが隠れているそうなのですが、
今はテトラの周辺や間にいるのだそうです。
撒き餌でおびき寄せてオキアミで食わせるということのようでした。
が、全く撒き餌に魚が寄ってこないようでして、
小さいアイナメとメバルとガシラが1匹ずつ釣れただけでした。
結局チヌは釣れないまま納竿ということになりました。

波は穏やかで見た感じは良さそうなコンディションに見えるのですがねぇ。
対象魚種が全く釣れないというのがいかにもこの番組らしいです。
昨年は青物が回遊してきていて大物がかなり釣れていたようですが、
今年はどうでしょうか?

あぁ〜早く畑を完成させて釣りに行きたい・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 04:15| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

ヨットハーバーでナイトゲーム

三重テレビで4月18日及び25日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の阿漕浦いわゆるヨットハーバーでの夜釣りです。

いつものレポーターとどこかのメーカーのフィールドテスターとやっていました。
前編はテトラ帯での穴釣りです。
いつの撮影かわかりませんが結構家族連れがいました。
割とコンスタントにカサゴが釣れていました。
エサ釣りではなくてソフトルアーを使ってのブラクリでやっていました。
ワームでもあんなに次々に釣れるものなのですね。
夜行性ということなのか日が落ちてからが勝負のようです。

後編はシーバス釣りです。
フィールドテスターの知り合いのおっさんふたりも合流していました。
ルアーはミノーを使っていました。
私も何度かヨットハーバーでミノーを投げていますが釣れた試しがありません。
ルアーの選択とマッチングが大事とのこと。
そりゃそうでしょうけどそんなの永遠のテーマですよ。
周辺で釣っている人たちはガンガン釣れていたようでしたが、
番組の出演者は結局釣れていませんでした。

私は夜型人間なので夜釣りはちょうどいいくらいなんですが、
ひとりで夜釣りとか家族が心配しますからねぇ・・・
行くにしても夕まずめか寝る前に朝まずめかというところです。

釣りガール募集中というのが出ていましたが、
新たな相棒のことなのかそれともとうとう香さん卒業でしょうか?

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 02:53| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

鋼管で根魚

三重テレビで4月11日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の鋼管でのカサゴ釣り大会でした。

いつものレポーターが遊のスタッフとやっていました。
テトラで穴釣りということでブラクリを使っていました。
なかなか釣れていないようでテトラ帯のかなり奥まで行ったりしていました。
その甲斐あってかまあまあの型のがいくつか釣れていました。
ただまぁ産卵期のを釣ってしまうのはどうかと・・・
私は鋼管で投げ釣りをしている時に同時進行で穴釣りもしています。
案外コンスタントに釣れるんですが、
魚に穴の奥に入り込まれてしまって仕掛けを失ってしまうのもしょっちゅうでした。
まぁそういうのも込みでやるしかない釣りですね。

あまり釣れなくて尺が足らないからか遊の松阪店でアイテムの紹介をしていました。
ちょっと前まで23号線沿いの仮店舗で営業されていましたが、
今はもう元の場所がきれいに改装されたんですね。
またそのうち見に行ってみたいものです。

もうそろそろ釣りに出かけたいところなのですが、
毎年のことながら畑が忙しくてなかなか機会が無さそうなんです。
コロナの影響で釣り場がすいてる今こそチャンスなんでしょうけれど・・・
連休中に行ければいいのですが無理っぽいなぁ・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 05:03| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ファミリーフィッシング大会2019

三重テレビで11月30日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津のヨットハーバーでの釣り大会でした。

毎年恒例ですが私が参加したのは2015年の一度きり。
ファミリーの大会にひとり参加はやはり気が引けますしねぇ・・・
でもこういうきっかけでもないとなかなか釣りに行く踏ん切りが・・・

いつものレポーターと多くの家族連れが参加していました。
開始前の映像で砂浜でツバスが釣れていました。
どうやらこの近辺に青物が回遊してきているのだそうです。
そして開始したら釣れまくっててですね・・・
キスやらハゼやらガシラやらグレやらマゴチやら、
どれもやたらに型のいいものばかりでして、
昨年もそうでしたがヨットハーバーにあんなのがいるなんて、
ちょっとにわかには信じがたい光景でした。

そして今回最も目を疑ったのは青物が釣れまくっていたことでした。
ツバスだけではなくてサワラのまたいい型のが次々に上がっていまして、
あんなのが回遊してくるなんてことが津の海でありえたことが今でも信じられません。
かなり大きなクーラーを持って行かないと入らないような大きさでした。
ああいう時に行きたいものですね・・・

おそらく大会は10月の中下旬くらいでしょうから、
もう今は寒くて青物はいなくなってるかもしれませんがどうなんでしょうか?
もう2年半くらい釣りに行っていませんが、
来年こそは少しは行けそうな感じになりそうなんです。
春にまた来てくれないかなぁ・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 07:14| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

海岸町でキス

三重テレビで10月19日に放送されたフィッシングポイントを見ました。
津の海岸町でのキス釣りでした。

いつものレポーターふたりとフィールドスタッフと、
前回と同じどこかのおばちゃんとでやっていました。
キス狙いということでいわゆる投げ釣りでした。
餌は当然石ゴカイでした。
この番組は投げ釣りでもたいてい防波堤からやっていますが、
今回は珍しく砂浜でやっていました。

海岸町と聞いてどこらへんだっけ?と思ったのですが、
セントレアへ向かう船着場のあるなぎさまちの近くなんですね。
岩田川を挟んで向こう側には前回放送の時に行っていたヨットハーバーもあります。
私は投げ釣りならヨットハーバーの横の阿漕浦の砂浜でやることが多いです。
今回の場所は贄崎浦の砂浜と言うことになります。
釣り場としては聞いていますがあちら側で釣りをしたことは一度もありません。

1投目からおばちゃんがいきなりダブルでキスを釣り上げていました。
型はもうひとつですが魚影は濃そうですね。
キスに針を飲み込まれてしまったときの対処法をフィールドスタッフがレクチャーしていました。
エラに指を突っ込んで開いてやると抜けやすくなるそうです。
そういうのって結構あるのでとても勉強になりました。
その後も釣れるわ釣れるわ・・・
キスとセイゴのダブルとかもありました。
キスよりもやたらにセイゴが釣れていました。
フィールドスタッフがミノー系のルアーでマゴチ狙いをしていたら舌平目が釣れていました。
リポーターはカイズも釣っていました。

いやはや・・・またもや津の海の魚種の豊富さを見せ付けられてしまいました。
あんなところにあんなにもいろんなのがいるんですねぇ。
ルアーでヒラメも狙えるそうです。
釣りに行きたい気持ちは募るばかりですが、
実際に行ける日はいつになるのやら・・・

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ



posted by ひ辻 at 06:59| Comment(0) | 釣り番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする